必要なオフィスの広さはどうやって決める?

レンタルオフィスの広さの決め方

レンタルオフィスを借りるにあたり、まず考えるべきなのがどのくらいのオフィスにするかということです。
狭すぎると仕事をするのに不便ですし、逆に広すぎても効率が悪くなります。
ではどうやって必要なオフィスの広さを決めたらよいのでしょうか。
多くの会社で採用されている方法は従業員の人数によって決める方法です。
営業など社内業務の少ない業種では、従業員一人当たりに必要な面積は2坪、経理などデスクワークの業務に必要な面積は3坪と言われています。社内には外回りの従業員もデスクワークの従業員もいるので、これで基本的に必要な面積を出すことができます。
しかし会社にはさらに、受付や会議室、サーバー室など必要なスペースが他にもあります。こうした要素を考慮して全体として必要な面積を決めることができるでしょう。

レンタルオフィスの広さを決める時の注意点

レンタルオフィスの広さは従業員の人数などによって決まってきます。
しかし注意点もあります。
まず考えるべきなのは、人員の増減があるということです。
会社が発足した時には従業員が少なかったものの、業績が伸びて従業員が増えオフィスが手狭になるということもあるかもしれません。そうならないためにも、ある程度の増減に対応できるような面積を確保することが必要になります。
さらに会議室などの共同施設の面積や定員を理解しておくことも重要です。
オフィスは従業員の人数を考慮して決めたものの、会議室が狭く全員入りきらないということもあり得ます。レンタルオフィスを借りる段階で、しっかり確認するようにしましょう。
また坪数だけを見てオフィスを借りたものの、形がいびつなどの理由で使えない場所が出てくることもあります。無駄なスペースができてしまうので、そうならないように内覧の時には実際に使ったらどうなるかをイメージしながら見る必要があります。
ぜひさまざまな点に注意しながらオフィスの広さを決めるようにしたいものです。